topimage

2017-06

闘病記2016・手術 - 2017.06.11 Sun

2016年4月18日。
予定より3日早く、リキは胆嚢摘出の手術を受けました。

当時、息子は生後3ヶ月だったので、母に自宅に来てもらって子守をお願いし、
私は夕方の診療時間が終わる頃に自転車で病院へと向かいました。
小雨が降っていました。

病院に着くと、リキは既に眠った後で会うことはできませんでしたが、
手術室のある2階に通され、窓から手術の様子を見せていただくことができました。
主治医の先生の執刀の元、総勢6名のスタッフが手術室に入り、
処置をしてくださるのをじっと見つめていると、父が到着しました。
リキを可愛がっている父が来てくれたことは、とても心強く感じました。

手術は約1時間半に及び、術後、先生からお話を伺いました。
この日の手術で胆嚢を摘出。
胆嚢は薄皮になっていたので、このタイミングで手術して良かった。
胆汁が少し漏れていたので洗浄し、胆管の開通を確認。
2~3日を乗り切れば大丈夫でしょうというお言葉をいただき、
手術の成功にホッと胸をなでおろしました。

リキにも会うことができました。
まだ麻酔が覚めきらず、軽く痙攣してはいましたが、
生きているリキにまた会えたことは本当に嬉しかった。
初めての大きな手術、よく頑張りました。

リキ


翌日からは毎日面会に行ってOKという言葉をいただいたので、
先生方にリキをお願いし、父と病院を後にしました。
雨は上がっていました。

闘病記2016、もう少し続きます。


スポンサーサイト

闘病記2016・入院 - 2017.04.17 Mon

現在のリキです。
散歩中に近所の桜とパチリ。
これが今年唯一のお花見写真です(´・_・`)

リキ


昨年大きな病気をしたリキですが、気付けば明日で手術から1周年です。
今も元気に過ごしていることに大感謝!
今さらながら、昨年の闘病記を再開します。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


2016年4月11日。

「胆嚢粘液嚢腫」と診断されてから、1週間後の通院。
血液検査と超音波検査の結果、投薬による改善はあまり見られませんでした。
病状が悪化してからの手術は、胆嚢と肝臓の癒着により難易度が増すため、
長い目で見ると早い段階で手術をしてしまった方が良いかもしれない。
ただ、手術をしたからといって必ずしも良くなるとは限らないし、
手術によって肝臓の数値が悪化する可能性もあるとのことで、
手術をするべきかどうか、私にはまだ決めることはできませんでした。
腎臓の数値は横ばいで落ち着いているので、食事を腎臓食から低脂肪食に変更、
さらに2週間投薬を続けてみて、その上で手術について考えてみることになりました。


4月12日~15日。

低脂肪食に切り替えたものの、食欲はイマイチ。
実家から新居へ移った環境の変化や疲れもあるだろうし、
そのうち食欲も出てくるかな?と思っていたところ、15日の夜は完食。
リキもとても穏やかな表情だったので、あまり心配はしていませんでした。

リキ


4月16日。

食欲不振、嘔吐のため通院。
胆嚢の超音波は大きな変化はないものの、肝臓の数値が上昇。
入院して点滴治療を行い、数値が安定したら5日後に手術をすることになりました。
胆嚢を取る手術だけど、肝臓の一部も切除する必要があるし、
管の状態など、開腹してみないと分からないとのこと。
簡単な手術ではないので、周術期に亡くなってしまう可能性もあると説明を受けました。
まだ検討段階だった手術が急に現実的なこととなってしまった上に、
私の面会はリキに刺激になりすぎて負担になるかもしれないとのことで、
状況確認は電話で・・・と言われ、不安な時間を過ごすこととなりました。


4月17日。

電話にて状況確認。
肝臓の数値が前日より上昇。
腎臓と胆嚢の数値は横ばいで、超音波でも変化なし。
部屋では落ち着いていて、嘔吐もなし。朝は少しご飯も食べたとのこと。
入院による大きなストレスはなさそうなので、引き続き点滴治療。


4月18日。
電話にて状況確認。
肝臓の数値が上昇し、内科的治療が効いていないとのこと。
黄疸・血栓もあるため、手術を早めた方が良い。
周術期の死亡や胆嚢を取っても良くならないリスクもあるけど、
手術をしなければ悪くなる一方。

この電話で手術を決断、その日の夜、リキは胆嚢摘出の手術を受けました。


リキ、14歳 - 2017.03.16 Thu

最近、月日の流れが早くて早くて…。
気付けば3ヶ月半もブログを放置していました(°_°)

さて、先月、2月8日に我が家のリキくんが14歳になりました。
ブラジルに行く前は、5歳だったリキ。
夫の5年の任期を終えて帰ってきたら、10歳になってしまう。
その頃まで元気でいてくれるか・・・当時はそんな心配をしていましたが、
10歳どころか元気に14歳を迎えてくれて、とても嬉しいですo(^▽^)o

リキ


昨年は大きな病気をしましたが、今年2月の健康診断では、
闘病中の腎臓以外は特に大きな問題はありませんでした。
この半年ほどでずいぶんおじいちゃんになったなぁとは思いますが、
足腰もしっかりしているし、目も耳もちゃんと機能しているので、
まだまだ元気です。

リキ


リキ、1ヶ月も過ぎちゃったけど、お誕生日おめでとう!
一緒にいられる時間を大切に、これからも元気でいてね。


近況報告 - 2016.11.26 Sat

今年も残すところ、1ヶ月ちょっと。
気付けば私のブログは4ヶ月も放置されていました・・・。
リキの病気のことを備忘録として残そう!と言いつつ、
その記憶もだいぶ薄れてきてしまいました。困ったぞ。

さて、4月に大病をしたリキくんですが、すっかり元気になりました。
一時期6㎏台まで落ちた体重は8㎏近くまで戻り、
食欲はぼちぼちですが、散歩は毎日元気に出かけています。
ただ、この半年ほどで見た目がずいぶん老けてしまいました。
ここ最近、耳が汚れがちでやや耳の位置が下がっていることもあり、、
爺さま度がさらにUPしています。。

リキ


あと2ヶ月ちょっとで14歳。
薬も増えたし病院通いも今後もずっと続くと思うけど、
こうして今もリキと一緒に過ごせるのはとても幸せなことです。
弟くんのお世話でなかなかリキとの時間をゆっくり取れないけど、
まだまだ元気な日々を過ごしてね。

病気の備忘録、今年中に終わると良いなぁ・・・。


リキ部屋 - 2016.07.24 Sun

リキが初めて新居に来たのは、3月半ばのことでした。
このときはまだリキの受け入れ準備ができていなかったため、玄関止まり。

リキ部屋


リキは、咬み犬です。
スイッチが入ると瞬間的に近くにいる人や物に咬みつくので、
実家では室内でも繋いでいたし、成田ではリキのために一部屋を使っていました。

新居の片付けがほぼ終わり、そろそろリキの居場所を作ろうと思っていた矢先、
リキがまた倒れたり、胆嚢粘液嚢腫が発覚したりしたので、
一緒に暮らせるように、急いでリキ部屋の準備を進めました。
新居でもリキに一部屋を使わせてくれた夫の優しさにより、こちらの和室が…

リキ部屋


こうなりました。

リキ部屋


床には、滑りにくい防水マット。

リキ部屋


テンションが上がるとイタズラをするので、念のため、壁にも養生パネル。
リキ部屋、完成です。

リキ部屋


4月9日。
初めて部屋に入った日、リキはこの笑顔でとても喜んでくれました。

リキ部屋


ようやく始まった、新生活。
でも、わずか1週間で状況が一変してしまうとは、このときは想像もしませんでした。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りきぞー

Author:りきぞー
13歳の柴犬リキとの日常、犬との暮らしについて、ゆる~く更新していきます。2015年12月に生まれた長男と、実家のガングロ猫のナナコも時々登場。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ご挨拶 (5)
犬のいる生活 (47)
猫のいる生活 (2)
健康状態・動物病院のこと (21)
犬のしつけ、トレーニング (1)
ワン友 (8)
日常 (6)
イベント (1)
特別な日 (4)
趣味の世界 (3)
お出かけ (6)
犬とお出かけ (7)
りきぞーのこと (3)
りきぞーのつぶやき (2)
リキと咬みつき (1)
シニア生活 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR