FC2ブログ
topimage

2019-10

近況報告 - 2019.10.04 Fri

ずいぶん長いこと、ブログを放置してしまいました。

この1年、いろいろなことがありました。
前回の記事の少し前に私は大きな病気が見つかり、入院・手術。
その後も時々カゼを引いてはダウンしたりもしていましたが、
1年経った今ではだいぶ体力もつき、すっかり元気になりました(^∇^)ノ
でも、2年連続で大病をしてしまったこと、リキの介護と息子の世話もあり、
細々ながら続けていた仕事は辞めてしまいました。

息子は4月から幼稚園に通い始めました。
同世代と一緒に遊ぶ機会があまりないまま3歳まできてしまったので、
なかなか幼稚園になじめず、毎朝離れるまでが大変。
ようやく慣れてきたところで夏休みを挟んで振り出しに戻り、
9月の終わりにやっと楽しく出かけられるようになってきたところです。

そして、リキ。
リキは、2月8日に無事に16歳を迎えることができました。
12歳のときから腎臓病になり、13歳で胆嚢粘液嚢腫の手術をし、
3~4日おきの皮下点滴を2年半。
いろいろ病気をしたことを考えると、とても頑張ってくれたと思います。
15歳9ヶ月くらいからは完全に寝たきり生活になっていたので、
16歳を迎えられたのは奇跡のようでした。

リキ


でも・・・
誕生日から2週間後の2月22日、リキは静かに旅立ってしまいました。
最期は私の腕の中で。。
15年半もの長い間、家族やほんの一部の人しか寄せ付けないリキでしたが、
最後の半年はすっかり穏やかになり、たくさんの人に声をかけられ、可愛がられ、
「人の手もそんなに悪くないかも」なんて思っていたかもしれません。
そして、3歳の息子にとっても、かけがえのない存在になりました。

リキと息子


本当は今年の初めくらいからブログを再開しようと思っていましたが、
すぐにリキとのお別れの報告になってしまうかも・・・という考えがよぎり、
始めることができませんでした。
そして、リキがいなくなってしまった後は、なかなか気持ちの整理がつかず、
幼稚園という新生活にも追われ、7ヶ月が過ぎてしまいました。

やっと少しずつ時間にも気持ちにも余裕が出てきたので、
書ききれなかったリキのこと、日ごろの些細な出来事など、書き留めてみようか。
きっとごくたまにの更新になると思いますが、宜しくお願いします。

お花がいっぱい


リキが亡くなったあと、たくさんのお花をいただきました。
たくさんの人たちに気にかけてもらい、「リキ」として覚えてもらい、幸せだったね。
16年間、リキが関わったすべての方に、どうもありがとうございました。


スポンサーサイト



リキの弟 - 2016.02.07 Sun

2016年が明けたと思ったら、あっという間に1月が終わってしまいました(゚д゚)
ますます更新が滞ってしまったこちらのブログですが、
その後、リキは倒れることも発作を起こすこともなく、元気に過ごしています。

リキ


昨年から今年にかけて、りきぞー家には大きな変化がありました。
2015年の12月末、リキに弟ができました。
2匹目の犬・・・ではなく、人の子です。

私の妊娠後、リキには我慢してもらうことが増えてしまいました(´・_・`)
散歩の回数が減ったり、時間が短くなったり、体調不良で最低限しか
かまってあげられなかったり。。
それでも一緒にいられるときは大喜びしてくれるリキに、
ごめんねと思うとともに、いつも癒されていました。

弟くんが生まれて、1ヶ月ちょっと。
今も弟くん優先で、満足にリキとの時間を過ごすことはできていませんが、
無事に対面も果たし、リキの弟くんへの印象は今のところ悪くはないようです(*^_^*)
3週間前に撮影した、記念すべき初ツーショット↓。

ツーショット


仲良く一緒に遊ぶことは望めないけど、事故やストレスなく、
お互い楽しく過ごせるように頑張るからねo(^▽^)o
弟くんともども、これからも宜しくお願いします。


ニーナちゃん - 2014.05.28 Wed

3月半ば、実家の外猫ニーナちゃんが、虹の橋へと旅立ちました。
推定15~16歳。我が家の歴代動物たちの中で、最も長寿でした。

ニーナ


かつて、りきぞー実家には4匹の外猫さんがいました。
写真手前から、シャア、ニーナ(ともに♀)、チチ、トム(ともに♂)。
シャアとトムは親子、チチもたぶん血縁で、もとはみんな野良猫でした。
(ちなみに、シャアはシャーシャー言ってたからシャア、
チチはお父さんぽいからチチ、なんとも安直なネーミングです ^^;)

ニーナと仲間たち


そこに、あるときふらりとやって来て、仲間に加わったのがニーナでした。
初めて姿を見せた子猫の頃、ニーナは前足を怪我していて、
そのせいもあってか、他の3匹よりも警戒心が強い子でした。

ニーナ


2003年にトムとシャアが、2005年にチチが虹の橋へと旅立つと、
ニーナは少しずつ実家から遠ざかるようになりました。
もともと人よりもトム一家に心を許していたので、実家に来るのは、
ご飯を食べるときだけ。

ニーナ


その頻度もだんだん減り、やがてたまに外で見かける程度になりました。
その頃には、一番馴れていた私は実家を出ていたし、リキが庭にいることもあり、
仲間がいなくなったニーナには、うちは居心地が悪かったのかもしれません。

ニーナ


それから数年間、ニーナのことは年に数回、リキの散歩中に見かけました。
実家には全然来なくなってしまったけど、近所に新たな居場所を見つけていたのです。
「ニーナ」と声をかけると、一定の距離は保ちつつ、ニャーニャー返事をします。
当時ブラジルにいた私に、母がニーナ目撃情報を教えてくれる度に、
「ちゃんと覚えているんだね、たくましく生きてるんだね」と、話していました。

ニーナ


そんなニーナちゃんですが、2012年の夏、実家に帰って来ました。
父が倒れ、実家に長期滞在していた私がリキの散歩中にニーナに会ううち、
姿を現す頻度が増えてきたのです。
最初は道の途中で会っていたのが、門の外、駐車場と徐々に家に近くなり、
やがて、毎日のように顔を見せるようになりました。

ニーナ


そして、「ごはーん!」と、玄関のガラスから家の中を覗くように。
暑い時期で脱水症状が心配だったので、食事はカリカリだけでなく、
スープタイプもあげるようになると、最初は何でも食べていたのが、
だんだんグルメなキャットになりました(^^;

ニーナ


室内で飼われている猫と違い、外猫は苦労も多いのでしょう。
眼光鋭すぎ…(`・ω・´)

ニーナ


半年もすると、毛並みも良くなり、表情も穏やかになった…かな?
その後も、ニーナの実家周辺での生活は、1年半続きました。
食事は朝晩。食べたことを忘れてしまうのか、「もらってませんけどー!!」と、
訴えることもしばしばです(笑)

ニーナ


一時は体格も良くなり、すっかり綺麗になったニーナでしたが、
いつの頃からか、目ヤニや鼻水が出るようになっていました。
口元にデキモノがあることも知っていたのだけど、
病院に連れて行くことを積極的に考えてはいませんでした。
若い頃、避妊手術の一度だけしか病院に行ったことのないニーナ、
家の中に入れただけでもパニックになるニーナを病院に連れて行くことは、
ストレスが大きすぎるのでは…と思ったのが大きな理由の一つ。
もう一つは、それまで自由に生きてきたニーナだったので、
最後まで自然のままの方が良いのかな…と思ったからです。

それでも、3月の半ばに急に食事を食べなくなり、元気がなくなった時は、
やっぱり連れて行った方が良いのかな…と悩みました。
そして、悩みながらも「また夜にね」と声をかけて出かけたこの時が、
ニーナとのお別れになりました。

ニーナ


2日後、ニーナはサンルームの下で見つかりました。
体は固くなっていたけど、まだ少し温かい気がして、
あと半日早かったら、何かできたのかな…と、涙が溢れました。
可愛がってくれたお隣さんにもお別れをしていただき、
庭の花をたくさん入れて、翌日、火葬のためにお寺へと向かいました。
ニーナのために友達が贈ってくれたお花は、家族写真にお供えしました。

ニーナ


それから2週間後、父とお墓参りに行ってきました。
ここ白峯寺に、ニーナちゃんは眠っています。
ちょうど桜が8分咲きくらいになっていて、とても綺麗でした。

白峯寺


他の子たちが合同葬だったので、ニーナも合同葬でお願いしました。
向こうでトムやシャア、チチに会えたかな?

後日、ニーナが不在だった時期にお世話になっていたお家の方と知り合いました。
ニーナの訃報に涙を浮かべ、写真を喜んでくれた相手の方は、
うちにも写真を持ってきてくれました。ニーナ、可愛がられていたようです。
ニーナの他にも出入りしていたニャンコがいて、その子たちもみんな、
白峯寺に眠っているのだとか。仲間がたくさんで、もう寂しくないね。

白峯寺


ニーナのことでは、正直後悔もたくさんあります。
病院のこともそうだし、そもそももっと若い頃に、家の中で飼えなかったことも。
でも、4年の時を経て帰ってきてくれたことは、とても嬉しい驚きでした。
そして、最期のとき、うちにいてくれたことも。
帰ってきたばかりの頃は距離があったのが、徐々にまた心を許し、
ニャーニャーお喋りしたりゴロゴロ甘えてくれたのは、とても可愛かったね。
自己満足かもしれないけど、きちんとお別れすることができて良かった。

あれから2ヶ月が経ったけど、今もニーナが「ごはんちょうだーい!」と、
ひょっこり現れる気がします。
美味しいものを食べるときにウニャウニャおしゃべりする姿、可愛かったなぁ。

ニーナ


ニーナ、帰ってきてくれて、ありがとう。
またときどき、会いに行くよ。


ガングロナナコ - 2014.01.30 Thu

ナナコです。
シャムネコ?シャム系?の推定6歳の女の子(避妊済み)。
2008年の秋、りきぞー実家の近所で迷子になっていたのを保護しました。
飼い主を捜したけど見つからなかったので、そのまま実家の子に。
詳細は不明なので、種類も年齢も推定です。

ナナコ


ナナコさん、保護当時は今とは毛色もちょっと違い、シュッとしていたのに…

ナナコ


年々黒さが増し、まるっとしてきました。黒猫になりたいの?

ナナコ


趣味は、人の邪魔と…

ナナコ


人の手足を食べること。風呂上りは、また格別だそうです。
さらに、写真は無いけど、夜中の大運動会と部屋からの脱走も大好きです。

ナナコ


よく「目つきが悪い」と言われるナナコだけど、性格は最高!
見た目は可愛いけど性格に難ありのリキに代わり、実家での接客担当です。

ナナコ


ナナちゃん、最近、ますます黒さと丸さが増してきたね。
名前、「おはぎちゃん」に改名する?

ナナコ


首元の白がチャームポイント!
ガングロナナコさんも宜しくです♪


柴犬のリキ - 2014.01.27 Mon

リキです。
もうすぐ11歳の柴犬の男の子(去勢済み)です。
小柄で割と優しい顔をしているので、いろいろな人が可愛がってくれようとするのだけど、
基本的に人も犬もダメで、「さわるなキケン」の観賞用。。
でも、好きになった相手には全身で愛情を表現し、とことん甘える可愛いヤツです。

リキ君


お散歩大好き。

リキ


お出かけも大好き。

リキ


特技は、立ち上がってオイデオイデ。
(カメラマンの腕が悪く、写真はイマイチですが、両手を上手に合わせます)

リキ


趣味は、マウンティング。

リキ


ガウガウで甘えん坊でちょっと面白いリキ、どうぞ宜しくお願いします☆

リキ


このブログの主役はキミだ!


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りきぞー

Author:りきぞー
16歳で旅立った柴犬リキの思い出と、日常の出来事についてゆる~く更新していきます。2015年12月に生まれた長男と、実家のガングロ猫のナナコも時々登場。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ご挨拶 (6)
犬のいる生活 (49)
猫のいる生活 (2)
健康状態・動物病院のこと (24)
犬のしつけ、トレーニング (1)
ワン友 (9)
日常 (6)
イベント (1)
特別な日 (5)
趣味の世界 (3)
お出かけ (6)
犬とお出かけ (8)
りきぞーのこと (3)
りきぞーのつぶやき (2)
リキと咬みつき (1)
シニア生活 (5)
フィッシャー症候群 (4)
犬と子ども (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR