topimage

2015-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグドック2015 - 2015.02.23 Mon

先日、12歳の誕生日を迎えたリキ君。
かかりつけの動物病院では、誕生月にはドッグドック=健康診断が1割引きなので、
全身の健康状態のチェックに行ってきました。

ドッグドック


検診内容は、昨年と同じく「基本コース(身体検査・検便・検尿・血液生化学検査・CRP検査)、
腹部の超音波検査、胸部のレントゲン検査」。
そこで心臓に気になる点が見つかった場合、心臓の検査も行うことになりました。
リキは動物病院があまり好きではないので、キャリーバッグごとお預け。

ドッグドック


このキャリーでは日頃から千葉⇔神奈川間を移動しているので、この中にいれば安心だね。
実際、お昼前から夕方のお迎えまで、リラックスして過ごせていたようです。

ドッグドック


さて、気になる検診結果は、健康体\₍^0^₎/
血液検査で一部基準値よりも低いものもありますが、総合的に見て問題はないそうです。
レントゲン、超音波、尿検査、検便でも、特に気になる点はありませんでした。
そのため、心臓の詳しい検査も行うことなく終了。
体重も8.4㎏と、2年前の膵炎のとき以来最も増え、体格も良くなりました。

ドッグドック


帰宅後もゴキゲンで、この笑顔☆

ドッグドック


でもやっぱり疲れたようで、その後はグッスリです。
リキ、どこも悪いところがなくて良かったね。

ドッグドック


明日からまた楽しい毎日を過ごせるように、ゆっくりおやすみ♪


スポンサーサイト

階段コワイ - 2015.02.21 Sat

我が家は、外に出るのに必ず階段を使わなければなりません。
なぜなら、玄関は1階、居住スペースは2階だから。
リキも散歩の度にこの階段を上り下りするのだけど、
階段は滑るので、リキが通る端には滑り止めマットを敷き、
転落防止のため、必ずリードを付けて一緒に歩くようにしています。

階段


上りは軽快に、下りは慎重にいつも階段を上り下りしていたリキだけど、
年末にしばらく実家生活をして千葉に帰ってきたら、階段を嫌がるようになっていました。
上りは拒否するため抱っこ、下りは最後の数段をジャンプするようになり、
ジャンプの段が日に日に高くなってきたので、下りも途中から抱っこするようになりました。

どうして、階段がダメになったのか…?
実は、上りでは何度かマットがずれて落ちそうになったことがあり、
それも原因の一つだと思います(ごめん、リキ。今はもうしっかり固定してる)。
足腰に痛みがあるのかとも思ったのだけど、散歩では元気に歩いているし、
屋外の階段では、今まで通り自分から上り下りしています。
リキの行動を見ていて思いついた結論は、「見にくいのかもしれない」。

そこで、リキが歩くマットを階段と同系色のこげ茶から、

滑り止めマット


ベージュに変更。

滑り止めマット


さらに、玄関に近い下の方は白に変更。

滑り止めマット


ほら、ずいぶん見やすくなりました(^^)

階段


玄関はセンサーライトで、日が暮れるとさらに階段が見えにくくなるので、
下の方を白にしたのは大正解です。
(本当はベージュがなかなか入荷せず、痺れを切らして別の店で白を購入。)

階段


でも考えてみれば、私たちにはこう見えている(↑)階段も、
リキ目線ではこんな感じ(↓)。

階段


人間の大人目線ではちゃんと段が見える上りも、

階段


リキ目線では、圧迫感のすごいこと。。
階段は閉鎖的なちょっと薄暗い空間だし、視力が落ちてきていたとしたら、
不安を感じるのも無理ないなぁと思います。

階段


マットを変えて以来、リキの階段への拒否反応はだいぶ減りました。
上りはちょっと励ましながら、1段目をクリアすれば、一気に上まで行きます。
下りは慎重に、行けるところまでは自分で、最後の数段は抱っこです。

年齢的には、立派にシニアな12歳。
リキの健康状態に合わせて生活を工夫しながら、
これからもできるだけ自分の足で歩いて行こうね。

リキ


紅梅と渋犬。


咬み犬リキ君 - 2015.02.18 Wed

我が家のリキ君。
日頃、お散歩では飼い主のそばをご機嫌に歩いているので、
「おとなしい犬、穏やかな犬」と思われがちですが…

リキ


実は、咬み犬です。
(※この写真、実際は怒っていません)

咬みつき


「咬む」という話をすると、「遊んでるのよ」とか「甘えてるんじゃない?」と
よく言われましたが、リキの場合、残念ながら甘噛みでも脅しでもなく、
本気の咬みつきです。
(※この写真も、実際は咬んでいません。目が怖いけど。)

咬みつき


両親も私もこれまで何十回と咬まれ、何度か病院にも行きました。
犬の咬みつきは、外傷だけではなく、重度の打撲でもあるので、
心身ともに受けるダメージは相当大きなものです。
(↓8年前、咬まれた数日後の腕。しゃがんでいるときに、後ろからガブッ。)

咬みつき


このブログは、もともとリキの咬みつきのことも書こうと思って始めました。
が、いざ始めてみると、「うちの犬可愛い!」という記事ばかり(^^;
あっという間に1年が過ぎてしまいました。
でも、先日12歳を迎えていろいろ思うところがあり、リキの咬みつきのこと、
これまでのことを記録しておこうと、本日、咬みつきネタを解禁しました。
今後は不定期に、咬みつきについての記事も投稿していこうと思います。

咬み犬でも、最高に可愛いリキ君。
これからも宜しくお願いします。

リキ


でもきっと、咬まなければさらに可愛いはず…。


絆創膏マニア - 2015.02.16 Mon

最近、テレビで「ひび割れ・あかぎれ」のケアのCMをよく見かけます。
私も子供の頃からひび割れができやすかったのだけど、
高校か大学の頃からは、季節を問わず悩まされるようになりました。

手荒れ


ひび割れは、多いときは10ヶ所以上。
手のひらが割れたり、縦に割れたりすることもあって、それはそれは痛いです。
そのため、私の手には絆創膏がいっぱい。
荒れ放題なこともあり、昔から老けた手です…(T_T)

手荒れ


絆創膏を頻繁に使うようになったのは、この1年ほど。
薬局に行っては、いろいろなタイプの絆創膏を買って、試しています。
こちらは、防水タイプ。水を使うとどうしてもはがれやすいですが。。

ばんそうこう


続いて、パッドの無いタイプ。防水ではないようです。
パッドがない分はがれにくいけど、はがすときに痛いことも(;_;)

ばんそうこう


透明の防水タイプ。
水仕事をしてもはがれにくく、かなりお気に入りです。

ばんそうこう


最近購入した、透明の防水タイプ。
こちらも良いのだけど、薄くて違和感がない分、はがれやすいのが難点。

ばんそうこう


こちらは、夫がケガをしたときに買った絆創膏。
キズパワーパッドは治りが良いようだけど、日常的に使うには高すぎます。

ばんそうこう


こちらは、透明の防水絆創膏のロールタイプ。
好みの大きさにカットできるので、便利だし経済的です。
でもこちらも薄いので、ちょっとはがれやすいかな。

ばんそうこう


最後に、水絆創膏。
セメダインのようなにおいで、傷口に塗ると、固まります。
注意書きにもありますが、傷口に塗った瞬間は、それはもう痛いです…。
痛いのが好きな人には良いかも(^^;

ばんそうこう


今のところ、私のイチオシは、キズケアフィルム。
水にも強く、1日しっかり貼っておけば傷の治りも良いので、
水仕事や手を使うことが多いときは、とても重宝しています。
が、最近薬局に行っても全然置いていない。なんでだろうなぁ…。

ばんそうこう


動物と暮らしていると、あまり薬は使いたくない。
これからも絆創膏を活用しながら、仲良くしようね、リキ。

リキ


母はとても肌が丈夫なのに、どうしてその点は似なかったのか。。


冬の海 - 2015.02.15 Sun

昨年末、ある天気の良い早朝に、リキと海へ行きました。

冬の海


空気が澄んでいるので、江の島も、

冬の海


烏帽子岩も、くっきり。

冬の海


久しぶりの海、リキも楽しい?

冬の海


冬の朝といえば、富士山。

冬の海


この日も富士山の写真を撮りに行ったのだけど、なんということでしょう。
雲がかかっている…。

冬の海


雲は仕方ないとして、もう少し建物を避けた写真をと思い、テトラポットへ。

冬の海


リキ君も積極的に、テトラポットの上に上ります。

冬の海


あの先端まで行けば、きっと綺麗な海と富士山が撮れるはず!

冬の海


でも、テトラポットにはあちこち隙間も空いているので、これ以上は危険。
引き返そうか。ってリキ、戻るの早い(^^;

冬の海


ボードウォークの先にも、富士山。

冬の海


軽やかに歩くリキの影も、見事に犬です(笑)

冬の海


早朝の冬の海、気持ち良いね♪

冬の海


この日のベストショット。本当に、雲さえなければ!

冬の海


この冬、私の富士山撮影は、この後も何度か続きました。
それはまた、別の機会に…。


古墳がいっぱい! - 2015.02.12 Thu

最近、リキがよく行く近所の公園。
春には桜がとても綺麗で、私は「古墳の公園」と呼んでいます。

古墳


古墳の公園の由来は、公園内に点在する丘。
正体は、古墳です。そのまんま(笑)

古墳


それぞれの古墳には、番号や大きさを記した看板が。
しかも、古墳の形によって看板の形も違うので、何の古墳か一目瞭然!
ずっと前に撮った写真なので草ボーボーだけど、こちらは、円墳。

古墳


方墳。

古墳


前方後円墳。
歴史で「仁徳天皇陵」を習ったけど、巨大な古墳ばかりではないのね。
ちなみに、別のところには後方も四角い前方後方墳もあります。

古墳


古墳=お墓なので、以前は古墳群の中を歩くのはちょっと怖かったけど、
人は慣れるものですね。
今は、のんびり古墳の中の散歩を楽しめるようになりました。
ま、この子が一緒だし(^^)

古墳


りきぞー家の周辺には、公園以外にもあちこちに古墳があります。
道路脇や学校の敷地内にもあるので、だんだん身近に感じてきました。
リキと一緒に歩いていると、いろんなものに出会えるね(^-^)

古墳


オレ様、臭いかぎに夢中(笑)


リキ、12歳になりました。 - 2015.02.08 Sun

今日、2月8日は、愛犬リキの誕生日です。
夫の転勤のため、ブラジルに行く直前だった6年前の誕生日には、
「私が日本に帰ってくる頃には10歳を過ぎちゃうけど、どうか元気でいてほしい」
と心から願っていましたが、

リキ


その10歳もとうに過ぎ、めでたく12歳を迎えることができました。

リキ


この12年、動物病院には頻繁にお世話になってきたリキですが、
大きな病気は10歳のときにかかった膵炎だけ。
療法食生活は続いているものの、今も毎日元気に過ごしています。

リキ


顔はすっかり白くなったし、若い頃のようにツヤツヤな毛並みではないし、
階段などで躊躇することもあるけど、毎日のお散歩の足取りは軽やか。
顔を見ながら歩く姿は、とても可愛いです(^-^)♪

リキ


まだまだずっと、一緒に歩いていこうね。

リキ


食事制限ありなので、豪華な食事にするわけにもいかないのだけど、
誕生日の今日は、夕飯にはほんの気持ちばかりのゆでマグロをトッピング。
病気をする前は、リキの一番の大好物でした。

誕生日


リキ、誕生日おめでとう。
12歳といえば、人間の年齢に換算すると68歳くらい。まだまだ若いよ!

リキ


これからも元気で、一緒に楽しい時間を過ごしていこうね♪


おめかしナナちゃん - 2015.02.06 Fri

実家のナナコです。
日頃、「ガングロすぎる」とか「目つきが悪い」とか言われ放題(^^;
そんなナナちゃん、寒いときは布団にもぐっていることも多いのだけど、

ナナコ


夜中や明け方に大運動会を繰り返すので、ちょっと静かにしてほしい時は、
ハーネスをつけられてしまいます。

ナナコ


ピンクバージョン。
似合わない…。

ナナコ


ある日、兄が100均で犬用の服を買ってきました。
今やすっかりヨレヨレになっちゃったけど、けっこう可愛い♪
オシャレナナコさんの誕生です(笑)

ナナコ


こちらは、ラガーマンぽいTシャツ。
Sサイズは、ピッチピチ。男の子みたいだね。

ナナコ


続いて、王様風。
Lサイズは着丈はちょうど良いのだけど、、首元がユルユルでちょっと修正。

ナナコ


クリスマス?
Mサイズがサイズ的には良いようです。ちょっと着丈が短いけど。

ナナコ


ナナコが服が好きかというと、決して好きではないと思うけど、
特に不機嫌になることもなく、マイペースに過ごしています。
冬は意外と温かくて快適だったりして!?

ナナコ


洋服を着て遊ばれちゃうナナコも可愛いけど、

ナナコ


やっぱりありのままの姿が一番だね☆

ナナコ


ナナコさん、いつも付き合ってくれてありがとうp(^-^)q


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りきぞー

Author:りきぞー
13歳の柴犬リキとの日常、犬との暮らしについて、ゆる~く更新していきます。2015年12月に生まれた長男と、実家のガングロ猫のナナコも時々登場。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ご挨拶 (5)
犬のいる生活 (47)
猫のいる生活 (2)
健康状態・動物病院のこと (20)
犬のしつけ、トレーニング (1)
ワン友 (8)
日常 (6)
イベント (1)
特別な日 (4)
趣味の世界 (3)
お出かけ (6)
犬とお出かけ (7)
りきぞーのこと (3)
りきぞーのつぶやき (2)
リキと咬みつき (1)
シニア生活 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。