FC2ブログ
topimage

2018-03

続・リキの老化現象 - 2018.03.30 Fri

「続」と言っても、前回老化現象について書いたのは3年近く前のことなのですが(^-^;)
(その時の記事はこちら →

我が家のリキは、先月で15歳になりました。
2年くらい前までは年よりずっと若く見られることが多かったのですが、14歳を過ぎてから、
さらに昨年の夏に病院に長期お泊まりをしてから、すっかりおじいちゃんになってしまいました。
今では散歩で会う人に「ずいぶん年だね」「頑張ってるね」と声をかけられる日々です(´・_・`)

リキ


この半年~1年で加速したリキの老化現象は、

 ・視力、聴力の低下
   完全に見えない、聞こえないわけではないと思いますが、ずいぶん悪くなりました。
   扉が開いていても気付かずに待っているし、物に気付かずにぶつかることも。
   嗅覚も落ちているようで、食べ物は鼻先まで持っていかないと分かりません。
   散歩で犬に会っても、よほど近づかない限り気付かないことが多くなりました。

 ・ビクッとする
   視力や聴力の衰えの影響だと思いますが、電気のスイッチや扉の開閉の音にビクッ。
   散歩でもすれ違う人や自動販売機などの存在に気付かず、ビックリしています。
   体を触るとビクッとして空噛みをしてくることも。

 ・足腰の衰え
   寝起きや立ち上がったときなど、よろけてへたりこんだり、倒れることがあります。
   オスワリの形は崩れ、オネエ座りのようになりました。   
   相変わらず散歩は好きなものの、段差でつまずいたり、転ぶことも。
   階段は抱っこか、リードでの支えが必要です。
   ウンチのときもハーネスを支えないと座り込んでしまいます。
   足の甲を引きずって歩く「ナックリング」が多くなり、散歩から帰ると足が真っ黒。
   歩くペースはとてもとても遅くなり、散歩の距離はとても短くなりました。

 ・感情表現が減った
   喜怒哀楽の「怒」以外の感情表現が少なくなりました。
   私が外出から帰る度に耳を倒して尻尾をブンブン振っていたのが、
   今はあまり表情もなくじっと立ち尽くして見ています。
   大好きだった近所の人に会っても無反応。
   ただ、嫌なこと(病院での処置など)に対しては相変わらず絶叫して怒ります。
   嬉しそうな顔をあまり見られなくなってしまったのが寂しい。。
   
 ・コマンドをきかない
   オスワリ、フセ、タテ、マテ、アトヘ、ハウス、オマワリ、持ってきて、ちょうだい、
   乗って、ジャンプ、バイバイ、オテ、オカワリ、ハイタッチ、ハチの字・・・
   昔できたことは、何もできなくなりました。
   オスワリやフセは体調的なものもあるのか、自主的にその姿勢をとることもなくなり、
   基本的に立っているか、寝ているか、動いているか、です。
   
 ・排泄をがまんできない
   室内ではよほど我慢できないとき以外はおもらしすることはないものの、
   オシッコの頻度はとても増えました。
   散歩では臭いを嗅いだり足を上げる余裕もなく、突然ジャー。
   ウンチも我慢ができなくなると、部屋でして踏み歩くので、なかなか悲惨なことに。。
   
 ・尻尾が上がらない
   若い頃はキュッと巻いてなかなかほどけなかった自慢の巻き尾でしたが、
   今では基本的にダラ~ンと下がったまま。
   散歩に出かけると最初のうちはゆるく上がっていますが、疲れてくるとダラ~ン。
   息子に「キツネ!」と言われます。

 ・鳴く、叫ぶ
   嬉しくてキャンキャン鳴く、怒ってガウガウする以外は、若い頃からあまり声を出すことの
   なかったリキですが、半年ほど前から「ワオ~~~ン!!!」と叫ぶようになりました。
   「排泄したい」「外に出たい」「一人で不安だ」など、訴えたいことがあるときに
   鳴くのですが、無機質な大音量で昼夜問わず叫ぶので、一時は本当にキツかった。。
   今は環境整備とリキの要求を先に叶えることで、だいぶ落ち着いています。

 ・右に回る
   起きているときの多くは、回っています。
   回るのはいつも右回り。
   最初に「あれ?」と思ったのは、昨年の春くらい。
   散歩のとき、玄関に鍵をかけたりウンチを拾ったりするときに、
   私の周りを回ってリードで身動きが取れなくなりました。
   今では部屋でも庭に出しても、ぐるぐるぐるぐる・・・回っています。
   
 ・食事をうまく食べられない
   食事は鼻先までもっていかないと分からないし、
   口がうまく開かないため、半ば押し込むようにして食べさせています。
   以前は部屋のあちこちにばらまいたフードを探したり、
   知育玩具を上手に転がして中のオヤツを食べるのが好きだったけど、
   今はそんな楽しみもなくなってしまい、ただでさえ悪かった食いつきが
   さらに悪くなってしまったので、毎日食べさせるのに大苦戦です。

思いつくのはこんなところでしょうか。
実はこの記事は、最初は昨年の秋頃に書き始めました。
日を追うごとにリキの老化は進み、数ヶ月経った今では、
当初書こうと思っていた内容とはずいぶん変わってしまいました。

当たり前にできていたことができなくなっていくのは、悲しく、寂しいです。
老化って残酷だな・・・と思います。
でも、悲しんでいてもリキの老化現象は止められないので、
現状を受け入れ、できることを維持していくしかないですね。
リキ爺が少しでも快適に過ごせるように、頑張ろう。おー。

リキ


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りきぞー

Author:りきぞー
15歳の柴犬リキとの日常、犬との暮らしについて、ゆる~く更新していきます。2015年12月に生まれた長男と、実家のガングロ猫のナナコも時々登場。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ご挨拶 (5)
犬のいる生活 (49)
猫のいる生活 (2)
健康状態・動物病院のこと (24)
犬のしつけ、トレーニング (1)
ワン友 (9)
日常 (6)
イベント (1)
特別な日 (5)
趣味の世界 (3)
お出かけ (6)
犬とお出かけ (8)
りきぞーのこと (3)
りきぞーのつぶやき (2)
リキと咬みつき (1)
シニア生活 (5)
フィッシャー症候群 (4)
犬と子ども (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR