FC2ブログ
topimage

2019-09

闘病記2016・術後の経過と食べない日々 - 2017.10.18 Wed

お久しぶりです。
私自身が体を壊してしまい、長らくPCを開けない日々が続いていました。
自分の病気のことも別の機会に書こうと思っているのですが、
その前にリキくんの闘病生活の記事を終えなければ(1年半も経ってしまった…)。
リキはすっかりお爺さんになりましたが、今も元気です(^-^)/

リキ


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2016年4月19日~28日。

胆嚢粘液嚢腫の手術後、朝夕2回のリキの面会の日々が始まりました。
手術後の血液検査ではタンパクが減少、低タンパク血症のリスクがあり、
輸血が必要になるかも…というお話もありましたが、その後改善。
輸血はせずに済みました。
また、手術により本来下がるはずのビリルビンの値が上昇、
胆管ではなく肝臓の方の管が詰まっている可能性が出てきたり、
肝臓の数値が悪化したりと不安な日々が続きましたが、
強肝剤と抗生剤による内科的治療により、徐々に改善してくれました。

手術翌日はこんなにどんよりしていましたが、

リキ


手術から1週間後にはだいぶ表情も出てきました。

リキ


手術痕が痛々しいです。

傷痕


リキの面会では短いお散歩をするとともに、「食べさせる」というミッションがありました。
病院では全然食べないので、りきぞーが一緒なら食べるかも・・・と毎回食事を渡されましたが、
手からあげても口の中に入れても一切食べず。。
ならばリキの好物ならどうだ!と毎日何かしら持って行ったものの、
(まぐろスープ、ささみスープ、茹でまぐろ&ささみ、サツマイモ)

食事


敢え無く撃沈。。
毎日、病院でペースト状のフードを強制給餌で食べさせてもらう日々でした。

血液の数値も安定してきて、散歩の足取りも日々軽くなっていき、
あとは食欲が出てくれれば…というところで、やっとオヤツを一粒食べてくれたのは、
手術から9日後のこと。
その翌日、4月28日に一時帰宅(?)することができ、翌日からは入院ではなく
通院による治療が始まりました。

リキ


13日間の入院生活頑張りました!
家に帰れることが分かっているのか、嬉しそうなリキくんです(*^_^*)

もう1回だけ続く。


スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rikinana517.blog.fc2.com/tb.php/121-ea83c3dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

闘病記2016・点滴生活 «  | BLOG TOP |  » 闘病記2016・手術

プロフィール

りきぞー

Author:りきぞー
15歳の柴犬リキとの日常、犬との暮らしについて、ゆる~く更新していきます。2015年12月に生まれた長男と、実家のガングロ猫のナナコも時々登場。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ご挨拶 (5)
犬のいる生活 (49)
猫のいる生活 (2)
健康状態・動物病院のこと (24)
犬のしつけ、トレーニング (1)
ワン友 (9)
日常 (6)
イベント (1)
特別な日 (5)
趣味の世界 (3)
お出かけ (6)
犬とお出かけ (8)
りきぞーのこと (3)
りきぞーのつぶやき (2)
リキと咬みつき (1)
シニア生活 (5)
フィッシャー症候群 (4)
犬と子ども (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR