FC2ブログ
topimage

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシャー症候群・発症まで - 2017.11.17 Fri

6月末に、息子ともども風邪を引きました。
4月から夫が単身赴任となり、息子とリキと私の「2人+1匹生活」に慣れてきて、
立て込んでいた予定が一段落したときのことでした。
明日からちょっとのんびりしようかな・・・と思った矢先、親子で風邪を引きました。
そしてこの風邪が、フィッシャー症候群のきっかけとなりました。


6月27日~7月1日(発症13日前~9日前)。

6月27日の朝から息子が38度台の発熱と咳・鼻水のため、小児科を受診。
私も風邪症状があったため一緒に受診し、咳・喉・鼻の薬と去痰薬を処方してもらいました。
その後、息子の熱は40度まで上昇。
2日後の29日に再受診し、抗生物質を処方してもらいました。
解熱剤も使いながら安静にしていましたが、一時的に下がってもまた40度。。
さらに2日後の7月1日にまた受診し、血液検査をして、追加の薬をいただきました。
私も一向に治る気配がなかったので、同日、抗生物質と解熱鎮痛剤を処方してもらいました。


7月1日夜~7月2日(発症9日前~8日前)。

日中下がっていた息子の熱が、夜になってまた40度超え。
翌日が休みだったこともあり、小児救急ダイヤル(#8000)に電話で相談し、
救急受診の目安と小児科の先生のいる救急外来を教えていただきました。

その後、息子の咳はどんどん悪化し、夜中に目覚めてからは水分も取れなくなったので、
明け方、総合病院の救急外来を受診。
抗生物質が効いていないこととレントゲンの結果、マイコプラズマ肺炎の疑いでした。
症状としては帰宅しても良いレベルでしたが、私自身の不調と家庭事情から、
息子は入院して治療することとなりました。

入院手続きの後、一旦帰宅して息子の入院準備とリキの散歩をして、再度病院へ。
息子に付き添っていましたが、お昼過ぎに強烈な寒気と関節痛に襲われました。
熱がある状態では付き添いはできないため(本当は風邪もダメなのでしょうけど・・・)、
看護師さんに息子のことをお願いして、帰宅。
少し眠って体温を計ると、人生初の40度でした。

夕方、母の付き添いの元、タクシーでリキを動物病院に預け、その足で息子のいる病院へ。
朝、息子を連れて行った救急外来を私自身も受診しました。
インフルエンザ、マイコプラズマ、溶連菌などいろいろな検査をしてもらいましたが、
どれも陰性で、結局は「上気道炎」=風邪。
風邪で40度の熱が出るんだ・・・というのは衝撃でした。

22時過ぎ、点滴で少し体が楽になったため、薬(解熱鎮痛剤と喉の薬?)をもらい、
息子の病棟に寄って、寝かしつけてから帰宅しました。
解熱鎮痛剤を飲んで寝ましたが、夜中に何度も汗をかいていたので、
また熱が出ていたようです。


7月3日~7月9日(発症7日前~前日)。

7月3日の朝、熱が下がっていたので、10時過ぎから息子の入院する病院へ。
15時過ぎに母と交代して一旦帰宅し、また夕方から寝かしつけまで付き添いました。
大部屋で他の子供たちは家族が一緒に泊まりこんでいたのだけど、
私は咳もひどく、体調も最悪だったので、後ろ髪を引かれながら帰宅。。
翌4日は朝から晩まで病院で過ごし、5日の午前中に息子は退院することができました。
3泊4日の入院でしたが、1歳半の子が本当によく頑張りました(;_;)

息子の入院中、私の風邪は一向に良くならず、解熱剤で熱を下げて付き添っていました。
風邪薬がもうなくなってしまったので、4日には息子の病院の内科を受診。
咳・鼻・去痰薬・解熱鎮痛剤を処方してもらいましたが、咳はひどくなる一方で、
ついには声も枯れて出なくなってしまいました。

息子の退院後は、母が買い物などをして頻繁に訪ねて来てくれたので、
私は息子の世話をしつつ、ゆっくり過ごすことができました。
ひどい咳は続いていましたが、風邪症状も少しずつ落ち着いてきていたので、
7月8日には、動物病院に預けていたリキを迎えに行きました。
息子もリキも戻ってきて、あとは私の風邪を治すだけ。
以前と同じ日常が戻ってくるはずでした。


7月10日(発症)。

朝から左胸の下にひどい痛みがありました。
数年前に咳のし過ぎで肋骨にヒビが入ったことがあり、当時を思い出す痛み。
また咳で肋骨を痛めたか・・・と思いました。
と同時に、なんとなく両手にじんじんするような痺れがありました。
膝の脱力と目の異常(光が眩しく感じ、酔っぱらっているような、度の合わない
眼鏡をかけているような、焦点の合わない感じ)もありました。
とにかく胸の痛みがキツかったので、近所の内科を受診。
咳止めと去痰薬、胸の貼り薬を処方してもらいました。

内科でも薬局でも痺れはさらっと流されてしまいましたが、14年前のギランバレー症候群
(実際はフィッシャー症候群でしたが)を彷彿させるものがあり、不安が残りました。
一日様子を見て、明日には痺れも目の異常も治まっていますように・・・と願いましたが、
それは叶いませんでした。
この日既に、フィッシャー症候群は発症していたようです。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rikinana517.blog.fc2.com/tb.php/125-482aa55c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フィッシャー症候群・救急外来受診 «  | BLOG TOP |  » ミラーフィッシャー症候群

プロフィール

りきぞー

Author:りきぞー
15歳の柴犬リキとの日常、犬との暮らしについて、ゆる~く更新していきます。2015年12月に生まれた長男と、実家のガングロ猫のナナコも時々登場。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ご挨拶 (5)
犬のいる生活 (49)
猫のいる生活 (2)
健康状態・動物病院のこと (24)
犬のしつけ、トレーニング (1)
ワン友 (9)
日常 (6)
イベント (1)
特別な日 (5)
趣味の世界 (3)
お出かけ (6)
犬とお出かけ (8)
りきぞーのこと (3)
りきぞーのつぶやき (2)
リキと咬みつき (1)
シニア生活 (5)
フィッシャー症候群 (4)
犬と子ども (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。