topimage

2017-04

尻尾、その後 - 2015.10.20 Tue

1週間前、突然ダラ~ンと下がってしまったリキくんの尻尾。
翌日には、前の日よりもまた少し上がるようになりました。

リキ


歩いているときも上がっているものの、触るとすぐにショボ~ン。
いつもはバネのようにすぐに戻るので、やっぱりまだまだ本調子ではないようです。

リキ


そんなリキくんの尻尾も、3日目にはほぼ完全復活。
尻尾もちゃんと振れるようになりました。

そして、昨日のリキ。

リキ


足取りも軽く、誇らしげに歩いています。
巻いた尻尾を下ろしてもすぐにプリッと上がるので、もう大丈夫そうです(^∇^)ノ

リキ


金曜日に腎臓の検査で獣医さんに行ったので、そのときにちょっと聞いてみたところ、
「痛みがあるときなどに尻尾が下がることが多い」とのことだったので、
やっぱりどこかに痛みや違和感があったのかもしれません。
1週間経った今は、毎日プリプリ尻尾を振っていますo(^▽^)o

リキ


やっぱり尻尾が巻いている方が若々しい。
リキ、復活して良かったね♪


尻尾、ダラ~ン。。 - 2015.10.13 Tue

8月末に、リキの尻尾がショボ~ンとしているという記事を書きましたが、
今日、突然尻尾が上がらなくなりました。
ショボ~ンを超えて、ダラ~ンです( ノД`)

リキ


老化を感じるようになってから、室内では尻尾が下がっていることは増えたものの、
気分が高揚したり散歩のときはくるんと巻いて感情表現豊かだったのが、
今日のお昼頃から尻尾を上げることも振ることもしなくなってしまいました。
午前中にハウスの上に乗っていたので、下りる時にでも何かしちゃったのかな?

夕方の散歩では、排泄は姿勢も内容も異常なし。
足を引きずったりびっこを引いたりということもありませんでした。
道中、水平からちょっと巻き気味くらいまでは尻尾が上がったこともあったけど、
立ち止まるとまたすぐにダラ~ン。
こんなことは初めてです。

リキ


尻尾や腰を触っても特に怒ったり痛がったりすることはないのだけど、
そんなにじっくり観察することはできず。
オスワリするときにちょっと座りなおしたりしていたので、やっぱりお尻まわりか
尻尾・腰あたりに違和感があるのかな。
今週末には腎臓の経過観察でまた病院に行く予定なので、
回復しないようなら尻尾とお尻まわりも診てもらおうと思っています。

尻尾は体調や感情のバロメーターでもあるので、心配。
早くくるんと巻いた尻尾が復活すると良いね(↓1年前のリキくん)。

リキ


とりあえず、様子見です。


リキと腎臓病 - 2015.10.05 Mon

最近、ブログを更新するのは健康状態のことばかりのような気がしますが・・・
2年半前、膵炎を患って以来、我が家のリキくんは定期的に血液検査に行っています。
前回は5月、リパーゼがやや気になる数値ではあったのだけど、9日後の再診で問題なく、
夏の暑さもあって4ヶ月ほど病院から足が遠のいていました。

そろそろ涼しくなってきたので、定期健診に行った9月末。
今回も何も問題がないだろうと軽い気持ちで病院に行ったのだけど、
血液検査でまさかの腎臓の数値が引っかかりました。
腎臓が悪いときに上がるBUNとCreの数値が基準値を超え、
尿検査でも尿比重が低い=腎臓の働きが悪い可能性があるとのこと。
24時間の飲水量チェックと朝一番の採尿をし、2日後にまた受診することになりました。

病院はいつも激混みなので、開院前に行って車の中で待機。
幸いリキはハウス好きなので、キャリーの中でおとなしく待っています。
(若干、ふてくされているような気もするけど)

リキ


受診の結果、朝一番の尿比重は問題なし、24時間の飲水量も正常です。
ただ、血液検査のBUNとCreの値が今回も高かったため、超音波検査に。
結果、腎臓腫瘍や血流の悪さなどの異常は特にみられず、他の臓器もきれい。
老化による腎臓機能の低下のようです。。
膵炎以降、食事はずっと低脂肪の療法食を与えていましたが、
今は腎臓の方が優先とのこと。
腎臓の血流を良くする薬を2週間投薬するとともに、
今後は食事も腎臓の療法食に切り替えていくことになりました。

病院での滞在時間は、3時間半以上。
診察のとき以外はずっとケージに入れっぱなしだったにも関わらず、
リキは久しぶりの外出が相当嬉しかったようで、帰宅後は超ゴキゲン。
新しい食事をモリモリ食べ、大興奮で遊んでいました。

リキ


それから1時間。
やっぱり疲れていたようで、こっくりこっくり舟をこいでいます(笑)

リキ


12歳半。
加齢ととともに健康状態もいろいろと変化が出てくるけど、
元気に毎日を過ごそうね。


リキの食欲不振 - 2015.07.08 Wed

我が家のリキ君は、小さい頃からあまり食いつきが良くありません。
食事を噛まずに飲み込む、ガツガツ食べるということには縁がなく、
気分が乗らないときには食べないことや残すことも日常茶飯事です(;´Д`)ノ

そんなリキ君、千葉の家ではしっかり食事を食べるのだけど、
実家に帰ると途端に食欲不振になります。
2年前に病気をして以来、食事量を記録しているのだけど、
表を見ると一目瞭然(見にくいけど)。
朝はバラつきがあるものの、ピンクの千葉生活では完食の○印が並び、
黄色の実家生活では一日の食事量の半分以下ということもしょっちゅうです。

食いつき


表情も千葉の家では満足そうで落ち着いているのに対し、

リキ


実家ではつまらなそうなことも。。
ここはリキがずーーーっと暮らしていた場所なんだよヽ(;´ω`)ノ

リキ


リキが実家で食欲が落ちるのは、恐らく心理的なもの。
「おいていかれる」「りきぞーがいなくなる」という不安があるようで、
私の一挙一動を見張る目も厳しく、ストーカーと化しています。
実際、リキが実家にいるときは留守番になることも多いし、
海外に住んでいた2年前までは数ヶ月単位で私はいなくなっていたので、
不安があるのも仕方ないのだけど・・・。

千葉では体重が増加し、神奈川では減少することを繰り返しているリキ。
もうずーっといなくなったりしないから、どこにいてもちゃんとご飯を食べようよ。

リキ


食欲旺盛なワンコが羨ましい・・・。


デキモノと謎の物体 - 2015.06.30 Tue

3月のこと。
リキの体をさわっていたら、左脇腹に指先に当たるものがありました。
8㎜くらいのデキモノです。

デキモノ


以前からあるのは知っていたのだけど、いつもどこだか分からなくなってしまうのと、
たまに見つけても特に大きさに変化はないようだったので、そのままになっていました。
が、6月半ばにちょっと大きくなっているように感じたので、比較のため撮影。
1㎝くらいになっているような、やっぱり大きさは変わっていないような・・・?
表面が黒っぽいのがちょっと気になります。

デキモノ


もう一ヶ所、右肩あたりにも同じようなデキモノがあるので、そちらも経過観察。
以前から同様のデキモノができてはいつの間にか消えていることもあったので、
今回も悪いものではないと良いなと思っています。

皮膚のデキモノもさることながら、私がもっと気になっているのがこちら。
4月頃に出てきた黒い点です。

ナゾの物体


6月。伸びました。
最初は太いヒゲ?と思ったのだけど、どうやら違うみたい。
リキは気にしている様子は特にないけど、確実に成長しているのが嫌な感じ。

ナゾの物体


アップ。
腫瘍などを探しても似たようなものはなく、強いて言うなら「皮角」が近いけど。。

ナゾの物体


定期的に動物病院には通っているのだけど、次の受診は8月。
しかも場所がマズルなだけに、リキの場合診察は難しいので、
もう少し様子を見るか連れていくか、悩み中です。

リキ


いくつになっても心配は絶えないね(;´Д`)ノ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

りきぞー

Author:りきぞー
13歳の柴犬リキとの日常、犬との暮らしについて、ゆる~く更新していきます。2015年12月に生まれた長男と、実家のガングロ猫のナナコも時々登場。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ご挨拶 (5)
犬のいる生活 (47)
猫のいる生活 (2)
健康状態・動物病院のこと (20)
犬のしつけ、トレーニング (1)
ワン友 (8)
日常 (6)
イベント (1)
特別な日 (4)
趣味の世界 (3)
お出かけ (6)
犬とお出かけ (7)
りきぞーのこと (3)
りきぞーのつぶやき (2)
リキと咬みつき (1)
シニア生活 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR